ちょこの子育て日記 課題テスト

2学期始まってテスト

夏休みも終わりホっと一息つく間もなく中学校では課題テストというものがありました。
これは夏休みも宿題もかねてですが日頃のワークから出題されるというものです。

 

今までの息子の成績は今一つで残念な結果に思っているのが現状です。
それなりに塾でもやっているの・・・
しかも家に帰宅してからも頑張っているのに点数になかなか結び付かないという結果ばかりでした。

 

今回も少しずつでも上がってほしいということで夏休みの間、課題テストに向けての勉強に励みました。
ワークも1回回りではなく、2回回りは必ずやり、わからないところや間違えたところは一緒にやり直す・・・なんてことまでして頑張りました。
息子は母親に監視されながらやっているような気持かもしれませんがそばにつき2人で頑張りました。

 

そして課題テスト当日、1日ですべての5教科全部の課題テストをこなす予定でした。
帰宅後息子に聞いてみるとまあまあできたとのこと。
でも国語の得意な漢字がわからなかったと少しへこみ気味でした。

 

そして数日後にはあっという間にもうテストが返されていたのです。
まずは社会と理科の2教科。
これはこれは・・・ワークをじっくりやったわりにはやはり点数に結びついていない結果となってしまいました。
本人もなんだかやりきれないような表情でした。
それでもとってきた点数はどうしようもない、現実をしっかり受け止めることにして次の日。

 

とっても喜んだ声での帰宅にびっくりしました。
というのも英語が今までにないぐらいいい点数が取れたとおおよろこび!!!
すごいではないか、よくやったと2人で喜びました。

 

すべて返され後は順位を待つばかり。
1番でも上がっているといいな〜
その願いはかないました。

 

それでもの順位にしっくりこない表情の息子。
でもまだ中学校1年生だから今から全力してたら疲れて大事な受験の時に失速してしまうから・・・
まっ、こんなものでしょう。
本人ともすぐにやってくる中間テスト、目標を立てて頑張っていこうと約束したのでした。

 

今どきの中学生は勉強に忙しいから大変。
そのために親は塾代などを用意しなくてはいけない。
それも大変。
子育てって本当にお金がかかるし大変だな〜ってつくづく思ってしまいました。